ビギナーズ


コンピューターの基礎的な使い方やインターネットのことをはじめ、Scratch(スクラッチ)を中心に、「ブロック型言語」のプログラミングを学びます。ブロック型言語に慣れてきたら、Micro:bit(マイクロビット)というマイコンを使ったプログラミングを学びます。

画面だけで進めるプログラミングと、マイコン制御でセンサーやモーターなどを動かすプログラミングとの違いなどを学びます。

トランジスタ・ラボ


ビギナーズを終えたら、マイクロビットを中心に、いろいろなガジェット(拡張機能)を使った技術的なことを学習します。マイクロビットは拡張ガジェットが豊富で、なるべくいろんなタイプのものを教室で使えるようにしています。
また、プログラミング的なことだけでなく、生徒の興味によって画像ソフトや映像ソフトなどの使い方も学んでいきます。


【授業時間】ビギナーズ、ラボともに、1コマ 2時間

 

【授業料】

月2回:7,000円

月3回:8,000円

月4回:9,000円

 

入会金などはありません。

【教材費など】

 

ビギナーズ:5,000円

 



<スクラッチ>米国マサチューセッツ工科大学メディアラボで開発された、教育用のプログラミング環境です。ブロックのような視覚的にわかりやすいプログラミング言語で、言葉として分かりやすく作られているので、プログラミングの入門編に向いています。

<マイクロビット>イギリスのBBCが主体で作られた教育向けのマイコンボード。
25個のLEDと2個のボタンスイッチのほか、加速度センサと磁力センサ、無線通信機能(BLE)を搭載しています。
ブロック型プログラミングが可能です。